2009年06月16日

マフラーの取り外し


マフラーの取り外し


 右サイドカバーを車体から取り外しが出来たら、次はマフラーを外します。
 リード90のマフラーの取り外しは、右サイドカバーを取り外さなくても取り外せますが、取り外す時に右サイドカバーを外側に引っ張らないと抜き取れません。
 サイドカバーと本体とをひっかけている爪を、取り外す時に折ってしまいやすいのが難点です。
 右サイドカバーに干渉しやすいので、初めての時は、取り外す事をお勧めします。

 私自身は、付いたままで作業を進めてしまいました。


 右側の側面の後ろタイヤのちょっと前に、マフラーを取り付けているボルトが2本あります。このボルトを緩めておきます。ボックスレンチにてゆるめて、取っ払ってしまう直前でやめておきます。


 ここのボルト穴位置は、取り付ける時にボルトと干渉して、、穴位置の場所が悪い場合が多いので注意が必要です。
 ボルトをいったん取り、カラーも取り外して、ボルトと取り付け穴位置の関係を確認しておいた方がいいです。
 取り付け穴位置がボルトに寄っていたら、マジックでチェックしておきマフラーを外してから、デューターやヤスリで取り付けボルト穴を長穴にすると取り付けしやすくなります。
 この穴位置の違いは、エンジンからマフラーを取り付けている位置によりかなりの違いが出てきます。 そのため今回はチェックのみとして、組み立ての時に調整をします。


 それでは、エンジンの排気口に取り付けてあるの10mmの六角ナットを外して、右サイドのボルトを外して本体からマフラーを取り外します。

 ここの六角ボルトを下に落としてしまうと、大変に取り難いところへ入ってしまう事になります。 ウエースを下に引いて、もしも落としてしまっても問題ないようにするのがコツです。
 



 一連のリード90のブログの記事ですが、リード90をメンテナンスする時の基本整備として、良かったら参考にして下さい。

 整備手順上で、説明不足もあるかと思いますが、その時はご容赦をお願いいたします。

 

posted by MAX at 15:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | マフラーの外し方